2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 畑村 洋太郎: 失敗学のすすめ

ウェブページ

« ここ4年ほどのことに思うこと | トップページ | 最後の外来が終わりました »

ぜひとも紹介したい本

一途一心、命をつなぐ
一途一心、命をつなぐ

先日天皇のバイパスを手掛けた心臓血管外科医、天野 篤氏の本です。

東大病院でなぜ外部(順天堂大学)の医師が執刀したのか?不思議に思った人も多かったのではないかと思います。

しかも、海外留学経験もなく、日本だけで数多くの症例を積み、日本のトップに上りつめた外科医であったというのも驚きです。

本の中には患者さんに向かう真摯な姿も見習うべきことがたくさんあります。

天皇の手術を執刀するなんてすごいことをさらっとのようにしてするのはよほどの自信と経験があるのではないかと思います。

淡々と業務をこなすその一つ一つの行為が尊敬されうる行為で、常に他者を意識しているのではないかと思えるほどです。

努力を惜しまない姿、分野は違いますが、イチローと言動や振る舞いが似ているように感じました。

見習いたいものです。

« ここ4年ほどのことに思うこと | トップページ | 最後の外来が終わりました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぜひとも紹介したい本:

« ここ4年ほどのことに思うこと | トップページ | 最後の外来が終わりました »