2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 畑村 洋太郎: 失敗学のすすめ

ウェブページ

« 異動になります | トップページ | 引越しの準備に大わらわ »

人生の転機

前回のブログで異動のことはお話ししました。

院内で11年在籍した私の異動の話が徐々に浸透しているようですが、思ったほど院内での反響はないようです。

外来に来られる患者さんにも異動のことを伝え、引き継ぎをすべくお話をするのですが、思ったほどの反応はないように感じます。病院内のスタッフにも「異動するんですね。何年いたんですか?」などとあっけらかんと聞かれる感じです。

11年という月日は私の中では意外と短いようで、長い気がしましたが、周りのスタッフや患者さんにはあまり感慨深げの感じはしなかったようです。

医者の中には「自分がいないと......。」と考えがちですが、意外とその人がいなくても病院として回るものであるということは今までよく体験しました。その人がいなくてもかわりの人がすぐ出てきて、病院としてすぐに通常通り回っていくものです。「自分がいなくなったらどうなるんだろう」というのは杞憂であり、うぬぼれでもあるわけです。医師というのは、その病院にいればこその価値であり、結局、一人でいればあまり価値が見いだせない存在であるものです。

そういった意味で開業し、個人で地域医療に貢献することに生きがいを感じる医師もいて当然だと思います。自分の軸が変わろうとも、自分のスタンスや理念をしっかり持つ、そんなスタンスが医師としていいのではないかと考えます。

医師人生も後半にさしかかり、そんなことも思ってしまうのはやはり年齢的なせいでしょうか?

« 異動になります | トップページ | 引越しの準備に大わらわ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも読ませていただき、色々なことを感じました。「神様のカルテ」も推薦されていらっしゃったので読み、すっかりファンになりました。
現在、私は乳がんで通院しています。元気な時は医療に対して関心はほとんどありませんでしたが、自分が病気になって様々な医療の側面に気づかされました。
中でも医師の激務、多忙には何とかならないのかと思います。診察に行くと、主治医はいつもにこやかに患者の話を聞き、質問に丁寧に答えて下さいます。このように医師は多大な努力をはらって医療に向き合っていることを知りました。
言葉には出さなくとも、患者は医師の体調や医師とのやりとりを常に気を配っています。きっと先生の患者さんもそうだと思います。
どうぞ体調をくずされないようご自愛ください。

けいさんコメントありがとうございます。
「主治医はいつもにこやかに患者の話を聞き、質問に丁寧に答えて下さいます。」
素晴らしい先生ですね。見習いたいものです。

患者さんから体調を気遣う言葉を投げかけることがあり、そんなときは患者さんに心配をかけられる自分を反省します。やっぱり患者さんにとって医師は常に平静な心で、万全の体調でいるように見せなければならないを思うからです。

嫌なことがあったり、体調が悪いのを顔に出さないよう心がけているつもりですが、どうしても出てしまい、スタッフや患者さんから心配されます。まだまだ未熟なようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の転機:

« 異動になります | トップページ | 引越しの準備に大わらわ »