2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 畑村 洋太郎: 失敗学のすすめ

ウェブページ

« 出張の時リアル書店をはしごするわけ | トップページ | 栄養療法の難しさ »

タブレット端末が最近ちょっと気になる

東京出張でもよく電車や学会場でタブレット端末を使っている人をよく見かけました。

最近、タブレット端末はこぞって安価で性能がいいものが目白押しです。ドコモも1万円以下のタブレット販売を発表しています。

タブレット端末については、あまり必要性を感じていませんでした。こんな田舎では移動手段は自家用車で、通勤も歩いて5分。職場、自宅にはパソコンがありますから、わざわざタブレットを購入する必要性はないわけです。

本も、電子書籍はどうも馴染めそうにありません。やっぱり風呂場やいろんなところに持ち歩いてボロボロにしながら読んでいくのが自分にあっているようです。タブレットだと壊しそうで持ち歩くのに怖いです。

ただこれだけ安いと、一台くらい購入してもいいかなという気になります。Wi-Fi環境も広がっていますし.....。

ネットに費やす時間は極力減らしたいのですが、こうしたものを購入すると余計増えそうで、「欲しいけど、毒だ」、とジレンマに陥っています。ただ単にタブレットを操作する自分の姿に酔っているだけになりそうです。

« 出張の時リアル書店をはしごするわけ | トップページ | 栄養療法の難しさ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレット端末が最近ちょっと気になる:

« 出張の時リアル書店をはしごするわけ | トップページ | 栄養療法の難しさ »