2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 畑村 洋太郎: 失敗学のすすめ

ウェブページ

« 今から東京です | トップページ | タブレット端末が最近ちょっと気になる »

出張の時リアル書店をはしごするわけ

東京に日帰り出張(日本消化管学会出席のため)してきました。

都会に出張に行った時は必ず大型書店を2、3軒はしごをします。地元の書店ではない本がたくさんあり、また店頭にはずらっと注目の新作が並んでおり、今の旬が一目瞭然です。

最近はアマゾンや楽天など、ネットでほしい本を購入できますが、本を購入するポイントとして、著者や話題性もありますが、実際手にとってぱらぱらとみることもとても重要です。そう言った意味でネット書店は購入したあとにがっかりさせられることもあります。

大型店では話題の本が目につくところに山積みされており、その周辺には関連した本もたくさん、また、各種コーナーが充実しているため、いろんなコーナーに行くとそれだけで時間がたつのも忘れるくらいくらい熱中してしまいます。

書店によっても、本の配置にとても個性があり、新しい本のみならず、それに関連して古い本もクローズアップされます。店員の腕の見せどころです。また、その本の魅力が店員さんの手書きで書かれていたり、作者のサインが置いてあったり、そんなことがたくさんされているのも都会の大型店の魅力です。

« 今から東京です | トップページ | タブレット端末が最近ちょっと気になる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張の時リアル書店をはしごするわけ:

« 今から東京です | トップページ | タブレット端末が最近ちょっと気になる »