2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 畑村 洋太郎: 失敗学のすすめ

ウェブページ

« またまた一人減! | トップページ | 今後、果たして地方勤務医師は増えるのか? »

あすから夏休みをとります

ここ2週間ほどは目が回るほどの忙しさで、何もしなくても体重も2kg程度落ちましたが、あすから小夏休みをとり、長野県各地を転々と旅行します。

まだ、ICU、HCUに重症を抱えてますが、残りの先生たちに振り分けて受け持ってもらうことにします。

うちみたいな公的病院はお盆休みはありませんので夏休みを7月~9月に交代で1週間程度とりますが、患者さんを受け持つ以上、1週間丸々はなかなか取れないので、小分けして取っています。その際、患者さんには「研修」でといい、職場でも「夏休み中で」と言わず、「夏季研修中で」といいます。別に夏休みをとることはやましいことではないと思いますが、以前よりの慣例のようで、だいたいどこの施設でもそう言っているようです。

気持ちをリフレッシュし、また休み明けから仕事を、とおもってゆっくりしようと思いますが、幸せな自由な時間はあっという間に過ぎ去っていくものです。

« またまた一人減! | トップページ | 今後、果たして地方勤務医師は増えるのか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

K先生

お久しぶりです!

夏休み、私の病院でも平日5日間のお休みをいただけるシステムではありますが、長期間不在にすることに抵抗があり、2日、1日、2日の3つに分けて取ることにしました。

やっぱり忙しいほど、お休みを取って、リフレッシュすることは必要と思います。

その前後の仕事の効率などを考えても。

K先生も、日々お疲れのことと思いますので、お休みを満喫してください!

かいちゃん、コメントありがとうございます。
臨床生活はどうですか?楽しいですか?


大学院時代は自分でコントロールし、休みの計画ができていましたが、臨床は患者さんdependentなので、なかなか計画が立てづらいですよね。

不謹慎かもしれませんが、患者さんや病棟に縛られない時間はとても貴重です。ただ休んでいても絶えず患者さんのことが頭から離れないのは悲しい性です。

休みの後の病棟からのPHS、携帯攻撃に「休みが終わったんだなあ」と感じ、また次の休みを楽しみに働いています。

こんばんは。夏休みなのですね。患者さんのことも気掛かりでしょうけどリフレッシュする時間も大切ですよね。楽しんで下さいね。

長野県は軽井沢しか行ったことがありません。ペンションに泊まりましたが、そこのご主人がお酒が大好きで夜はいろんなお話をしながら一緒に飲みました。楽しかったです。


旅行のお話、時間のある時に聞かせて下さいね。

私もK先生と同じタイミングで夏休みになりました。
ただ、悲しい事に、休みと言うのは“あっという間”に過ぎていきますね。
昔の様な夏休みの長さが羨ましいです。
(´ω`)

大学病院にも行って来ました。
やはり、念の為に期外収縮とか頻脈は循環器で診てもらった方が良いと言われました。特に、麻酔科の先生は連発が気になっているみたいです。
休みが長期だし、折角の機会と思って、診て貰う事にしました。

nanaさん、コメントありがとうございました。
長野は思いのほかいいとこでした。
軽井沢はこじんまりとしたホテルに泊まりましたが、料理がとってもよかったのが印象的でした。

shiraisiさん、コメントありがとうございました。

夏休みなんですね。ゆっくり体を休めてください。暑いので無理をしないように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あすから夏休みをとります:

« またまた一人減! | トップページ | 今後、果たして地方勤務医師は増えるのか? »