2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 畑村 洋太郎: 失敗学のすすめ

ウェブページ

« コミュニケーションスキル | トップページ | 田舎外科医 東京へ行く Part1 »

フレームワーク力

 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 勝間和代著(ディスカバー)を読みました。

Img_0002

勝間和代氏の新刊で、ファンである私は早速アマゾンに予約し、先日届きました。

 360ページにわたる本の厚さで、普段の私なら3,4日読むのにくらいかかるのですが、2日間でわき目も振らず一気に読んでしまいました。

 まず目に飛び込んできたのが「フレームワーク」という耳慣れない言葉。実際に使われているフレームワークを21個紹介していただいておりますが、

 フレームワークとは、
現実を観察する方法を構成する仮定、概念、価値、慣行の集まりで

何かの概念や考え方を自分なりに束ねて整理して、考えやすくするもの、覚えやすくするもの

としており、大事なことは

自分でフレームワークをさまざまな経験や学びの中からひとつでもおおく見つけ出して、頭の中で整理し、さらに新しいフレームワークを自分で作っていくこと

 だそうです。

Img_0001

 そういわれれば、前回のブログ「コミュニケーションスキル」で紹介した「SHARE」というのも、フレームワークといえます。

 こういったフレームワークも本や、講演を聴くたびに記録しておき、自分なりのフレームワークを作っておくべきなんですね。
この本を読んでますます、勝間さんのパワーを感じ、外科医界の勝間和代になりたいと思っちゃいました。

 それにしてもこういった長い本のタイトルも「インターネットの検索サイトに引っかかりやすくし、売れるように」という計算があったとは驚きです。いままでの彼女の本が売れていたのも、タイトルのみならず、その他さまざまな緻密な計算があり、売れるべくして売れていることにはすごいとしか言いようがありませんでした。

« コミュニケーションスキル | トップページ | 田舎外科医 東京へ行く Part1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

K先生はじめまして!勝間和代さんのブログからたどりつきました.勝間さんの本を読んでブログ始めた30代の病理医です.職業柄,世間知らずでもやってこれたのですが,それではだめなことがわかってきて,勝間さんの本を頼りに様々な勉強にトライしだしました.生活面もさることながら,自分の仕事に,彼女が惜しみなく披露してくれる知識をどう応用していくのかが今後の課題です.K先生のブログは,関連業者として大変参考になります.これからも楽しみに拝読させていただきますね!

すみません.URL をまちがえてました.

同じ医療関係者で勝間ファンである方からとは嬉しいかぎりです。どうも、経済のことは難しすぎてよくわかりませんが、彼女の前に突き進む姿勢に共感をおぼえ、できる範囲で見習いたいと奮闘しています。
病理の先生はうちでも大変お世話になっています。ちょろさんのブログも拝見させていただきますので、いろいろ教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532326/21740252

この記事へのトラックバック一覧です: フレームワーク力 :

» 【本】勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力―早く行動にうつしたら? [企業法務マンサバイバル]
ビジネスの定番フレームワークを勝間さん流に解説する本かと思ったら、全然違いました。 ビジネス思考力を高めるための、勝間さん流思考フレームワークとその訓練方法の指南書でした。 勝間本が好きですべて読み込んでいる方には、書いてあることの80%ぐらいは既....... [続きを読む]

« コミュニケーションスキル | トップページ | 田舎外科医 東京へ行く Part1 »